どろあわわ 界面活性剤

どろあわわには界面活性剤が入ってるの?大丈夫?

泥豆乳石けんどろあわわと界面活性剤

泥豆乳洗顔部門でも堂々上位をキープしている『どろあわわ』ですが、

 

成分に『界面活性剤』は配合されていないの??という心配の声もチラホラ聞かれます。

 

 

そこで、徹底的にどろあわわの成分を追求してみたところ、、、

 

全成分表にこそ『界面活性剤』という表記はなかったのですが、

 

 

ステアリン酸PEG-150
コミカドプロピルベタイン
ココイルメチルタウリンNa
ステアリン酸グリゴール

 

上記4つの界面活性剤が入っていることが分かりました。

 

 

界面活性剤が入ってるとなると、
「毒性はないの?大丈夫なの??」と、心配になる方もいらっしゃると思います。

 

 

が、しかし!

 

どろあわわに入っている上記4つの界面活性剤は、
天然由来のもの安全性が確認されている種類なので、
パッチテストで大丈夫なら安心して使用できます。

 

 

 

そもそも界面活性剤とはどのようなものなの?

 

界面活性剤とは、どろあわわのような石鹸やシャンプー、洗剤などに配合されていて、水と油をなじませ汚れを落とす役割をしてくれる。という役割があります。

 

 

実はこの『界面活性剤』、石鹸や洗剤の他にもマーガリンやバター、マヨネーズ、アイスクリームなどの食品にも使われているんです。(※食品用に使用できる界面活性剤は5種類のみ)

 

 

このように日用品や食品など、幅広く使われている界面活性剤。なので石鹸も、「界面活性剤が入っていません。」とわざわざ書いてあるもの以外はほとんどの商品に入っています

 

 

ちなみに日本では製品化する際に消費者の立場に立って徹底的に安全テストが行われているので、どろあわわも安心して使っていただけると思いますよ。